富士山‐信仰の対象と芸術の源泉 富士山‐信仰の対象と芸術の源泉について 富士山‐信仰の対象と芸術の源泉 富士山‐信仰の対象と芸術の源泉について

富士山‐信仰の対象と芸術の源泉 - 富士山‐信仰の対象と芸術の源泉について -

富士山がなかなか世界遺産に登録されなかった要因とは

富士山がなかなか世界遺産に登録されなかった要因とは 富士山がなかなか世界遺産に登録されなかった要因とは

静岡県と山梨県にまたがる富士山は、言わずと知れた日本一の名山です。長きにわたる噴火活動によって形成された円錐型のバランスは世界屈指の美しさを誇り、「富士山を世界遺産に!」というのは日本の悲願でした。

ゴミの投棄などの環境管理問題が長年のネックになっていましたが、清掃活動や“文化遺産”としての価値をアピールする活動が結実。
「富士山本宮浅間大社」や「河口湖」、40km以上離れた場所にある景勝地「三保の松原」など25の構成資産とともに、2013年6月に世界遺産に登録されました。

人々の信仰を集め、芸術にインスピレーションを与える

人々の信仰を集め、芸術にインスピレーションを与える 人々の信仰を集め、芸術にインスピレーションを与える 写真提供:忍野村観光協会

世界遺産としての正式な登録名は「富士山─信仰の対象と芸術の源泉」。“霊峰”という呼称が示しているように、古来より富士山は、その荘厳な存在感により「富士信仰」として人々から崇め奉られてきました。火山活動が沈静化してからは、遠くから眺めて拝むだけでなく、実際に登頂して御来光を拝むといった“登拝”スタイルが浸透します。これは現代人にも受け継がれていますね。

また富士山は、日本最古の歌集である『万葉集』や、『竹取物語』や『伊勢物語』といった古典文学、あるいは葛飾北斎の『冨岳三十六景』や歌川広重の『東海道五十三次』など、古代から現代に至るまで様々な芸術にインスピレーションを与え続けてきました。また、浮世絵に描かれた富士山は、海を越えてモネやゴッホといった芸術家たちにも大きな衝撃を与えました。

こういった文化遺産としての側面が、世界遺産登録の大きな要因になったわけです。

世界遺産登録概要

遺産名:富士山‐信仰の対象と芸術の源泉
所在地:山梨県、静岡県
登録日:2013年
登録基準:(3)(6)-文化遺産
登録遺産の範囲:富士山域(山頂の信仰遺跡群、大宮・村山口登山道、須山口登山道、須走口登山道、吉田口登山道、北口本宮冨士浅間神社、西湖、精進湖、本栖湖)、富士山本宮浅間大社、山宮浅間神社、村山浅間神社、須山浅間神社、冨士浅間神社(須走浅間神社)、河口浅間神社、冨士御室浅間神社、御師住宅(旧外川家住宅)、御師住宅(小佐野家住宅)、山中湖、河口湖、忍野八海(出口池、お釜池、底抜池、銚子池、涌池、濁池、鏡池、菖蒲池)、船津胎内樹型、人穴富士講遺跡、白糸ノ滝、三保松原

登録遺産の面積: 20,702ヘクタール
緩衝地帯の面積:49,628ヘクタール

UNESCO World Heritage Centre
"Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration"
http://whc.unesco.org/en/list/1418

※ 音声ガイドでは一部ご案内していない所もございます。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU