平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群について平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群について

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 
- 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群について -

「浄土思想」に基づいて造られた5つの資産

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

岩手県が誇る世界遺産「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は、その名が表す通り、中尊寺・毛越寺・観自在王院跡・無量光院跡・金鶏山という5つの資産で構成された一群の遺跡です。
平泉とは、平安時代末期の11〜12世紀に栄えた、日本の北方領域における政治・行政上の拠点。この地を治めていた奥州藤原氏は、仏教を基盤に理想世界の実現を目指していました。
仏教における「浄土思想」に基づいて寺院や庭園が造られ、都や海外の文化からも影響を受けながら独自の発展を遂げてきました。

敵味方の区別なく魂の成仏を祈った、奥州藤原氏の平和思想

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

浄土思想とは、阿弥陀如来を信仰し、極楽浄土への往生を目指す仏教の考え方。「誰もが成仏できるようにしよう」というこの思想は、8世紀頃から日本にも徐々に広まったと言われています。
11世紀頃の東北地方では戦乱が続いており、奥州藤原氏の初代である藤原清衡は「敵味方の区別なく、戦禍で命を失った人々の魂が浄土へ導かれるように」という祈りを込め、中尊寺金色堂を建立したとか。
このように、浄土思想に基づいて一群の遺跡がデザインされているというポイントが高く評価され、平泉は2011年に世界遺産の認定を受けました。それは、平和と平等を目指した奥州藤原氏の理念の、ひとつの結実と言えるかもしれません。また、これら一群の資産は極めて良いコンディションで遺されており、その考古学的な価値も、世界遺産に認定された際のポイントのひとつです。

世界遺産登録概要

遺産名:平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群
所在地:岩手県
登録日:2011年
登録基準:(2)(4)-文化遺産
登録遺産の範囲: 中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山

登録遺産の面積: 176.2000 ヘクタール
緩衝地帯の面積: 6008.0000 ヘクタール

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」詳細ページ
http://www.unesco.or.jp/isan/list/asia/hiraizumi/

UNESCO World Heritage Centre
"Hiraizumi – Temples, Gardens and Archaeological Sites Representing the Buddhist Pure Land"
http://whc.unesco.org/en/list/1277

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU