広島平和記念碑(原爆ドーム) 広島平和記念碑(原爆ドーム)について 広島平和記念碑(原爆ドーム) 広島平和記念碑(原爆ドーム)について

広島平和記念碑(原爆ドーム) - 広島平和記念碑(原爆ドーム)について -

原子爆弾の投下と、奇跡的に倒壊を免れたドーム部分

原子爆弾の投下と、奇跡的に倒壊を免れたドーム部分 原子爆弾の投下と、奇跡的に倒壊を免れたドーム部分

広島県にある広島平和記念碑(原爆ドーム)は、戦争の記憶を今に伝えるモニュメントとして有名です。

ここは元々「広島県産業奨励館」(その前は「広島県物産陳列館」)という施設で、チェコ建築家ヤン・レッツェルの設計によるモダンな建物でした。

ところが、1945年8月6日にアメリカ軍によって投下された原子爆弾により、この建物も罹災の憂き目に遭います。すさまじい爆風と熱で建物の中にいた人々は全員即死してしまいましたが、ドーム状の屋根を持つ本館は奇跡的に倒壊を免れ、鉄骨部分がむき出しになった状態で残りました。

戦争の記憶を今に伝える、世界でも例を見ない“負の遺産”

戦争の記憶を今に伝える、世界でも例を見ない“負の遺産” 戦争の記憶を今に伝える、世界でも例を見ない“負の遺産”

この建物は、いつしか、誰からともなく「原爆ドーム」と呼ばれるようになりました。

広島市に投下された原子爆弾は一瞬の内に約14万人の命を奪い、被ばくの後遺症を含めるとおよそ20万人の犠牲者を出したと言われています。そういった戦争の記憶を風化させてはならないと、広島市および広島市民はこの原爆ドームの保存運動に乗り出します。

そして1996年、「核兵器による惨状をそのままの形で今に伝える世界で唯一の建造物」「核兵器廃絶と恒久平和の大切さを訴える他に例を見ない平和記念碑」という点が評価され、世界遺産に登録されました。

このような悲しい歴史を今に伝える遺産は、黒人奴隷の貿易拠点になったゴレ島(セネガル)や、第二次世界大戦中にユダヤ人が大量虐殺されたアウシュビッツ収容所(ポーランド)、冷戦時代にアメリカによって核実験が繰り返されたビキニ環礁(マーシャル諸島)といくつか登録されています。

世界遺産登録概要

遺産名:広島平和記念碑(原爆ドーム)
所在地:広島県
登録日:1996年
登録基準:(6)-文化遺産
登録遺産の範囲:原爆ドーム

登録遺産の面積:0.40ヘクタール
緩衝地帯の面積:43ヘクタール

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
「広島平和記念碑(原爆ドーム)」詳細ページ
http://www.unesco.or.jp/isan/list/asia/hiroshima/

UNESCO World Heritage Centre
"Hiroshima Peace Memorial (Genbaku Dome)"
http://whc.unesco.org/en/list/775

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU