コラム コラム

嚴島神社- コラム -

平清盛がデザインした

海上神殿「嚴島神社」

瀬戸内海に浮かぶ宮島に建つ嚴島神社は、潮の満ち引きを計算して設計された、世界的にも珍しい海上に建つ木造建築の社殿です。1996年の世界遺産の登録にあたっても、その登録遺産の範囲は「嚴島神社と、社殿前面の海および背後の弥山原始林(天然記念物)を含む森林の区域」となっており、海上に立ち並ぶ社殿と背後の自然が一体となった美しさが評価されています。また、嚴島神社のある宮島は、松島・天橋立と並ぶ「日本三景」の一つとして知られる景勝地でもあります。今回はこの嚴島神社についてご紹介いたします。

嚴島神社 嚴島神社 「嚴島神社」写真提供:広島県

海に浮かぶように見えるこの斬新なデザインは、平安時代末期の武将・平清盛のアイデアとされています。大鳥居が海の中に建てられていますが、それは古代から宮島(厳島)全体が御神体とされて崇拝の対象となっているからです。大鳥居から社殿まで参道があり、門となる大鳥居をくぐり参道を進み社殿へ向かうようになっています。この大鳥居ですが、高さは約16.6メートル、樟の自然木でできています。足元は埋められているわけではなく、本体の重みで自立しています。鳥居上部には、約5トンもの玉石が詰められており、総重量は約60トン、柱は合わせて6本という安定感のある作りになっています。海底には杭を打って地盤を強化してあり、その上に石を並べることでしっかりとした基礎を作っています。

大鳥居 大鳥居 「大鳥居」写真提供:広島県

平安時代の高位貴族住宅を模した「寝殿造り」の様式を取り入れた朱色の鳥居と朱色の社殿の構成は、平家の栄華を表し、今なお輝きを放っています。寝殿造りとは、寝殿(正殿)と呼ばれる建物を中心に、その東西に対屋(たいのや)と呼ばれる付属的な建物を配置し、それらを通路で結び対称的に配置することを基本とする建築様式です。その特徴的な長い回廊は約275メートルにも及びます。社殿の前には、能舞台や重要な儀式の場となる庭や池なども造られ、寝殿造りの様式を神社建築に巧みに取入れています。また、大鳥居を背にして拝殿を真正面に見ると、中央の軒が左右に較べて一段高くなっているのも寝殿造りの工法です。

嚴島神社 嚴島神社 「嚴島神社(回廊)」写真提供:広島県

また、東回廊や西回廊の床板は、隙間をあけるようにして敷かれており、台風や大波の時にでも波を板の間に通すことで海水の圧力を分散させ、床板の倒壊を防ぐ工夫がされています。そして、本殿内陣は清盛創設から850年間一度も水没したことがない上に、200年に一度の高潮でも、主要社殿は水没しないそうです。ですが、近年の自然災害による影響を受け、たびたび大規模な修復を行なっています。

東廻廊の側にある「鏡の池」は、満潮時には海中にありますが、潮が引くと丸い池が現れ、水が湧き出ていることがわかります。満潮時と干潮時では、違った印象を持つ嚴島神社ですが、満潮時には海に浮かぶ神殿を見ることができ、干潮時にはその神殿の構造や海の中に沈んでいた鏡池などを見ることができ、そして大鳥居までも歩いて行けます。干潮と満潮の時間差は約6時間ですので、ぜひ両方の景色を見比べて見てはいかがでしょうか?

音声ガイドでは、嚴島神社のみどころに加え、豊臣秀吉が経堂として建立した五重塔や、弥山、商店街もご案内しています。ぜひ、アプリとブックをダウンロードしてお試し下さい。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU