コラム コラム

嚴島神社- コラム -

安芸の宮島

日本三景で紅葉狩り

お正月や夏の宮島水中花火大会などと並んで、宮島が賑わうのが紅葉の季節です。紅葉の見頃は、毎年11月中旬頃からです。宮島には、いくつかの紅葉スポットがありますので、ご紹介したいと思います。

紅葉谷公園 紅葉谷公園 「紅葉谷公園」写真提供:広島県

まずは、なんといっても紅葉谷公園、その名のとおり紅葉の名所として知られています。江戸時代に開拓され、モミジの苗木が植えられたのが始まりといわれています。コラム「自然の原生林と七不思議 神々が住む山「弥山」」でもご紹介しましたが、紅葉谷公園は、厳島神社の背後に立つ弥山の麓にある紅葉谷川に沿って広がる公園で、約700本の紅葉や楓があり、紅葉が一斉に色づく秋の彩りは圧巻です。

また、宮島ロープウエーから、厳島神社や弥山原始林を望むことができ、紅葉を見下ろしながら、頂上近くまで登ることができます。お天気がよければ、海の向こうに四国連山が見えることもあり、瀬戸内海の美しい景色を眺めながら、空中散歩をお楽しむことができます。

大元公園. 大元公園. 「大元公園.」写真提供:広島県

大元公園(おおもとこうえん)は、入り口に大元神社のある静かな公園です。桜の名所でもありますが、モミの古木が海岸線から群生している世界でも珍しい場所で、潮の香りと森の香りの両方を感じることができます。入り口付近にある「牛石(うしいし)」は宮島の名石の一つです。
また、厳島合戦の血仏池や供養塔もあります。厳島合戦は、織田信長の桶狭間の戦い、源義経の鵯越(ひよどりごえ)の戦いと共に、日本三奇襲戦と呼ばれています。合戦後、毛利元就は中国地方を支配する強大な戦国大名になり、厳島神社の発展にも大きく貢献しました。


大聖院 大聖院 「大聖院」写真提供:広島県

弘法大師(空海)が開祖とされる大聖院(だいしょういん)の境内でも木々の葉が色づき始めます。島内で最も歴史の古いお寺と紅葉の組み合わせで、日本の風景とともに紅葉が楽しめます。皇室との関係も深く、明治天皇が宮島に来られたときは、ここ大聖院に宿泊されたそうです。また、境内の庭園では、豊臣秀吉が何度か歌会を開催したそうです。

大聖院では、紅葉の時季にあわせて「もみじ祭り」が開催され、寺宝展、御室流華道展、ダライラマ法王開眼のチベット仏が公開されます。 2017年は、11月18日(土)~11月26日(日)です。
その他にも11月は、大聖院の秋の大祭「火渡り式」や、「チベット護摩法要」が開催されます。詳細は、宮島弥山 大本山 大聖院(http://www.galilei.ne.jp/daisyoin/)でご確認ください。

音声ガイドでは、嚴島神社のみどころに加え、弥山についての散策コースや紅葉谷公園、大元公園、大聖院をご案内しています。ぜひ、アプリとブックをダウンロードしてお試し下さい。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU