コラム コラム

紀伊山地の霊場と参詣道- コラム -

神話に登場する神の使者

三本足のカラス「八咫烏」

八咫烏(ヤタガラス)をご存知ですか?日本サッカー協会のエンブレムであり、Jリーグのシンボルマークでお馴染みの三本足のカラスです。咫(アタ)とは長さの単位で、八咫は大きく広いという意味で使われています。八咫烏は太陽の化身とされ、三本の足はそれぞれ天・地・人をあらわす、と言われており、熊野神社で奉られている神様「素盞鳴尊(スサノオノミコト)」に遣えているので、熊野では神の使者とされています。今回は熊野のシンボルになっている八咫烏のお話をご紹介します。

カラス カラス

日本神話(古事記や日本書記)で、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト)のちの神武天皇が大和へ向かい、西日本を統一し大和朝廷を成立する「神武東征」の中に八咫烏が登場します。
神倭伊波礼毘古命は、高千穂宮に居ましたが、兄の五瀬命(イツセノミコト)と一緒に、天下を治める都を東方に造ろうと日向を出発しました。瀬戸内海を渡り、難波から淀川を溯上、河内に入り、大和へ向かおうとしましたが、途中の登美(トミ)の那賀須泥毘古(ナガスネヒコ)の軍勢が待ち受けており、戦となりました。ここで、五瀬命が負傷してしまいます。この敗戦は、太陽神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)の子孫であるにもかかわらず太陽に向かって戦ったためと考え、回り道をして太陽を背にして戦おうと、紀伊半島を南へ、熊野に向かうことにしました。

そして、熊野で神倭伊波礼毘古命は、「天つ神の御子、ここより奥の方には入りなさるな。荒ぶる神がたいそう多くいる。いま、天より八咫烏を遣わそう。その八咫烏がお前を導くだろう。その案内する後からお行きなさい。」と高木大神の言葉を受けます。高木神の命令で高天原(天上界)から遣わされた八咫烏は、熊野から吉野の険しい山を越えて吉野川の川下まで、神倭伊波礼毘古命の道案内をしました。その後、大和に着いた神倭伊波礼毘古命が、橿原宮で初代の天皇に即位し、神武天皇となったのは、紀元前660年の1月1日のことです。その日が、明治に入り新暦(2月11日)に換算されて、現在の「建国記念の日」となっています。

八咫烏ポスト 八咫烏ポスト 写真提供:熊野本宮大社    

八咫烏は、日本の歴史上にたびたび登場しています。世界遺産でもあり、聖徳太子建立の法隆寺にある国宝・玉虫厨子(たまむしずし)の台座にも八咫烏が描かれています。

また、音声ガイドでもご案内しておりますが、熊野本宮大社の社務所前にある多羅葉(たらよう)のご神木の下に、八咫烏ポストがあります。懐かしい円柱型のポストですが、色は真っ黒で上には真っ黒な八咫烏が乗っています。よく見ると、ポストの上の黒い烏の足が三本になっているのがわかると思います。このポストから投函することができ、社務所で「出発の地より心をこめて 熊野本宮」という記念スタンプをハガキに押してくれるそうです。旅の思いを運んでもらってはいかがでしょうか。

八咫烏のおみくじ 八咫烏のおみくじ 「八咫烏のおみくじ」

熊野本宮大社には、八咫烏関連のお守りやおみくじもあります。そして、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)にある八咫烏が描かれたお守りは、各大社によって違うデザインになっているそうです。

音声ガイドでは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に加え、世界遺産に登録されている花窟神社、鬼ヶ城、獅子岩などもご紹介しています。ぜひ、アプリとブックをダウンロードしてお試し下さい。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU