紀伊山地の霊場と参詣道 紀伊山地の霊場と参詣道について紀伊山地の霊場と参詣道 紀伊山地の霊場と参詣道について

紀伊山地の霊場と参詣道 - 紀伊山地の霊場と参詣道について -

希有な“巡礼の道”の世界遺産

希有な“巡礼の道”の世界遺産希有な“巡礼の道”の世界遺産写真提供:熊野本宮観光協会

和歌山、三重、奈良の三県にまたがる紀伊山地は、古来より神々の棲む特別な場所として崇められてきた森林地帯です。東西南北を標高1000〜2000m級の山脈が走り、年間を通して豊かな雨水が降り注ぐこの土地では、その神秘性から“霊場”として様々な宗教を育んできました。
それが「1000年以上にわたる日本の宗教文化の発展」に寄与したとされ、2004年に世界遺産に登録。それぞれの霊場に続く参詣道も一部であり、宗教的背景をもつ“巡礼の道”の世界遺産は2件(もうひとつはスペイン・フランスの「サンチアゴへの道」)という珍しい例となっています。

紀伊山地の自然と一体になって育まれた“共生”の宗教文化

紀伊山地の自然と一体になって育まれた“共生”の宗教文化紀伊山地の自然と一体になって育まれた“共生”の宗教文化写真提供:熊野本宮観光協会

霊場とは広く信仰の対象や修行の場を表す言葉で、ここでは「吉野・大峰」「熊野三山」「高野山」の3つを指しています。
“修験道”の開祖とされる役小角(役行者)ゆかりの地である吉野、仏教と神道が合わさった“仏神習合”という独特の宗教形態を発展させてきた熊野三山、かの弘法大師空海が修行の場として開き、日本仏教の聖地としても名高い高野山。このように、起源も内容も異なる宗教が同じ地帯で育まれたという点が、紀伊山地の最も特徴的なところと言えます。
また、ここは文化遺産でありながら、これら寺社と参詣道(熊野参詣道・大峯奥駈道・高野山町石道)にとどまらず、滝や原始林、川や海岸、岩や温泉といった周囲の自然景観を多く含むのも特徴のひとつです。それは、ここの宗教文化が紀伊山地の自然と一体になり、神・仏・人間が共生しながら育まれてきたことの証しと言えます。

世界遺産登録概要

遺産名:紀伊山地の霊場と参詣道
所在地:三重県・奈良県・和歌山県
登録日:2004年
登録基準:(2)(3)(4)(6)-文化遺産
登録遺産の範囲: 吉野山、吉野水分神社、金峯神社、金峯山寺、吉水神社、大峰山寺、熊野本宮大社、
熊野速玉大社、熊野那智大社、青岸渡寺、那智大滝、那智原始林、補蛇洛山寺 等

登録遺産の面積: 495 ヘクタール
緩衝地帯の面積: 1,137 ヘクタール

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
「紀伊山地の霊場と参詣道」詳細ページ
http://www.unesco.or.jp/isan/list/asia/kii/

UNESCO World Heritage Centre
"Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range"
http://whc.unesco.org/en/list/1142

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU