古都京都の文化財 古都京都の文化財について 古都京都の文化財 古都京都の文化財について
写真提供:仁和寺

古都京都の文化財 - 古都京都の文化財について -

歴代の天皇が居を構えた1200年の歴史を持つ古都

歴代の天皇が居を構えた1200年の歴史を持つ古都 歴代の天皇が居を構えた1200年の歴史を持つ古都写真提供:元離宮二条城事務所

794年に平安京が誕生してから1868年の明治維新に至るまで、歴代の天皇が居を構えたかつての首都であり、1000年以上にわたって政治・経済・文化の中心地として栄えてきた日本の古都・京都。
認定理由に「日本の文化的伝統の創出において決定的な役割を果たし、特に庭園の場合において、それは19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えた」とあるように、平安から江戸まで、それぞれの時代様式を伝える貴重な文化財が存在しています。
隣接する滋賀県大津市を含む広範囲に点在する17か所の寺社をあわせ、1994年に世界遺産に登録されました。

日本の歴史を形作ってきた文化財が目白押し!

日本の歴史を形作ってきた文化財が目白押し! 日本の歴史を形作ってきた文化財が目白押し!写真提供:仁和寺

登録されている17の寺社は、いずれも観光名所として人気です。
平安京が誕生して間もない798年に坂上田村麻呂が仏殿を建立した「清水寺」。約1200年にわたって仏教の中心地として君臨し、法然や親鸞など多くの高僧を輩出してきた比叡山「延暦寺」。『徒然草』や『方丈記』といった古典文学にも登場し、重要文化財の五重塔が目印の「仁和寺」。仏師・定朝作の阿弥陀如来像が安置され、左右対称の建築様式が美しい鳳凰堂が有名な「平等院」。徳川家康によって建設され、1867年には15代将軍・徳川慶喜による大政奉還の舞台にもなった「二条城」。このように古都・京都には、日本の歴史を形作ってきた文化財が目白押しで、国内はおろか、世界各国から毎年多数の観光客が訪れています。その景観は、まさに「人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例」と言えるでしょう。

世界遺産登録概要

遺産名:古都京都の文化財
所在地:京都府京都市、宇治市/滋賀県大津市
登録日:1994年
登録基準:(2)(4)-文化遺産
登録遺産の範囲:賀茂別雷神社、賀茂御祖神社、教王護国寺、清水寺、延暦寺、醍醐寺、仁和寺、平等院、宇治上神社、高山寺、西芳寺、天龍寺、鹿苑寺、慈照寺、龍安寺、本願寺、二条城

登録遺産の面積:1,056ヘクタール
緩衝地帯の面積:3,579ヘクタール

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
「古都京都の文化財」詳細ページ
http://www.unesco.or.jp/isan/list/asia/kyoto/

UNESCO World Heritage Centre
"Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities)"
http://whc.unesco.org/en/list/688

※ 音声ガイドでは、仁和寺、二条城、下鴨神社、宇治上神社のご案内をしております。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU