日光の社寺 コラム 日光の社寺 コラム

日光の社寺 - コラム -

特 集
運気上昇の最強パワースポット

日光の知られざる聖地「滝尾神社」へ

縁結びのパワースポット「日光二荒山神社」から徒歩30分。さらに運気をアップするために、目指すは秘境、「滝尾神社」。知る人ぞ知る、秘密のスピリチュアルスポットへ。

聖地への道は「日光二荒山神社」から

日光二荒山神社 日光二荒山神社
木造朱塗りの美しい「日光二荒山神社」は、日光山信仰の始まりとなった古社
良縁を呼ぶ神様をお祀りし、縁結びのパワースポットとして有名な「日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)」は日光の氏神様であり、その境内は、日光市内全体を覆うほどの広さを持つことをご存じでしょうか。
日光連山や華厳の滝、いろは坂までもがこの神社の境内のうち。今回紹介するのは、そんな「日光二荒山神社」の別宮である「滝尾神社(たきのおじんじゃ)」(※正式名称「瀧尾神社」)。
ひっそりと山の奥に佇む小さなお社は、最強の知られざるパワースポットと呼べる場所なのです。

太古の自然に気を高め行く参道

「滝尾神社」へと続く道 「滝尾神社」へと続く道
「滝尾神社」へと続く道。エネルギーに満ちた自然の中で心身を浄化して
「滝尾神社」へ向かうには、「日光二荒山神社」大鳥居の左手から山道を登るルートと「日光東照宮」側からのアプローチがありますが、おすすめは「日光二荒山神社」側からのアクセス。苔むした石段をゆっくりとのぼり、渓流のせせらぎに耳を傾け、清らかな空気を胸いっぱいに吸って。
歩くこと約30分。まっさらな気持ちで道を進めば、神秘なる自然が発するパワーが体にしみわたり、徐々に〝気〟が高まっていくのがわかるはず。

「滝尾神社」のあらまし

運試しの鳥居 運試しの鳥居
朱色が映えるお社の手前にどっしりと構える「運試しの鳥居」
「二荒山神社」の主祭神、大己貴命(おおなむちのみこと)の妃神(きさきがみ)・田心姫命(たごりひめのみこと)をお祀りする「滝尾神社」。弘仁11(820)年に、弘法大師が創建したと伝えられています。
本殿の裏には、石鳥居や石灯籠を建てて石柵をめぐらせた中に、三本の杉がそびえ立っています。ここが、田心姫命の降臨した場所との言い伝えがあることから、この「三本杉」は御神木ともなっています。
境内にはご利益スポットが多々あり、神社手前の「運試しの鳥居」もそのひとつ。鳥居の中央、額束の小さな穴に小石を3つ投げて、ひとつでも穴を通せれば良いことがあるのだそうです。

縁結びのご利益スポット

願い橋 願い橋
歳の歩数で渡ると願いが叶うとされる「願い橋」
女峰山の女神・田心姫命をお祀りする「滝尾神社」は、「二荒山神社」と同じく縁結びの神様。男女の縁はもちろんのこと、あらゆる縁を結んでくださいます。
本殿横に茂る「縁結びの笹」のほか、境内にはいくつもの運気アップスポットが。かつては女峰山を遥拝するため自分の身を清めて俗界と縁を切ることを意味していた「無念橋」は、時代を経て「願い橋」と呼ばれるようになり、「子種石」は子宝に恵まれ安産になるというご利益があるのだとか。
境内を包む新鮮な空気に心を澄ませ、ゆっくりと良縁成就のお祈りをしましょう。
撮影/海老名進 取材・文/立花奈緒(ブレーンシップ)
世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU