琉球王国のグスク及び関連遺産群- コラム -

首里城を中心として

栄華を誇った琉球王国

琉球王国は、1429年から1879年までの450年間にわたり、日本の南西諸島に存在した王国です。中国や日本、東南アジアとの盛んな公益を行い、独特の文化を持ったその国の政治・経済・文化の中心だったのが首里城です。その首里城は琉球の文化を象徴する城であり、王国の歴史そのものといえるでしょう。朱色の独特な建物は、海を見下ろす丘の上に立ち、美しい曲線を描く城壁に囲まれ、その中に多くの施設が建てられ、いくつもの広場を持ち、また信仰上の聖地でもあります。今回はその首里城と琉球王国の歴史について、ご紹介致します。

首里城 首里城 写真提供:首里城公園

首里城は、今までに4回も焼失しており、最後は1945年の太平洋戦争中の沖縄戦で、帝国陸軍が首里城の地下に総司令部を置いたことから、アメリカ軍の砲撃を受け焼失しました。その後、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念し国営公園として復元されたのです。首里城跡は、中国と日本の文化を融合した特有な建築様式や石積みの高い技術は文化的・歴史的に価値があるとされ、県内に点在するグスク跡など琉球王国の象徴的な考古学的遺跡と共に2000年12月「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録されました。登録されているのは「首里城跡」で、復元された正殿の一階からガラス越しにみることができる地下の遺跡が、世界遺産の構成資産となっています。

琉球王国の誕生は、日本の鎌倉時代にあたる12世紀頃に遡ります。奄美諸島から八重山列島までの琉球諸島の各地に一定の政治的勢力となる「按司(あじ)」とよばれる豪族が現れはじめました。互いに抗争を繰り返しながら次第に淘汰されていき、やがて、1429年に尚巴志(しょうはし)が主要な按司を取りまとめ、統一権力を確立しました。 その後、琉球では国家的な一体化が進み、日本・中国(明・清)・朝鮮・東南アジア(南海諸国)との外交・貿易を通して海洋王国へと発展し、その政治・経済・文化の中心が首里城でした。

首里城 首里城 写真提供:首里城公園

残念ながら、首里城の創建年代・築城主は明らかになっていませんが、発掘調査の結果から14世紀末のものではないかと考えられています。尚巴志が琉球王朝を開いた際に、首里城を王家の居城としてふさわしい城へと拡張・整備したそうです。

その後、1469年にクーデターが起こり、一度だけ大きな政権交代がありましたが、琉球王国として独立国家の体裁を保っていました。しかし、1609年に薩摩藩の島津氏が奄美大島へ侵攻、そこから沖縄本島に上陸し、首里城まで進軍されました。それ以降は、薩摩藩と中国・清王朝へ両属という独自の体制をとり、王国の文化を維持しましたが、1879年の廃藩置県により、首里城から国王が追放され、琉球王国の体制は終わりを告げました。

グスク時代から三山時代の後、日本の南西諸島に琉球王国は確かに存在していたのです。王国を廃止され沖縄県となった後には、第二次世界大戦後の1945年にアメリカの統治下になり琉球政府が置かれ、日本に返還されたのは1972年のことです。そして再び日本の沖縄県となったのです。

音声ガイドでは、首里城跡の見どころに加え、世界遺産に登録されている首里城跡周辺の玉陵・識名園と、県内に点在するグスク(城)もご紹介しています。ぜひ、アプリとブックをダウンロードしてお試し下さい。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU