琉球王国のグスク及び関連遺産群- コラム -

琉球王朝・悲劇の王女

百度踏揚の波乱に満ちた人生

1429年に尚巴志(しょうはし)が琉球を統一し、薩摩藩の侵攻を受けるまで450年間も栄えた琉球王国、その歴史の中で、絶世の美女、そして悲劇の王女といわれている、百度踏揚(ももとふみあがり)のお話をご紹介します。
百度踏揚は、第六代王・尚泰久(しょうたいきゅう)の娘として生まれます、父方の祖父は琉球王国を統一した尚巴志、そして母は中城城主・護佐丸(ごさまる)の娘、王の血筋を受け継いだ彼女は、戦乱の中で波乱に満ちた人生を送ることになります。


勝連城跡 勝連城跡 「勝連城跡」写真提供:うるま市教育委員会

世界遺産に登録されている首里城跡、その他の城(グスク)には、それぞれ城主が居り、しのぎを削っていました。15世紀中頃、首里王府の政権基盤が不安定となり始め、地方の城主として王府に対抗できるほどの勢力を蓄えていたのが、勝連城主・阿麻和利(あまわり)でした。そこで、尚泰久は娘である百度踏揚を阿麻和利に嫁がせます。いわゆる政略結婚です。

同じく勢力を蓄えていた護佐丸ですが、尚巴志とは琉球統一の際に、共に戦った友であり、娘を嫁がせた尚泰久に忠誠を誓っていたそうです。 ところが、阿麻和利は、首里王府を抱き込んで、護佐丸の居る中城へ攻め込みます。百度踏揚からすれば、夫が祖父を打つ戦いとなりました。王に忠誠を誓っていた護佐丸は、妻子とともに自ら命を絶ったと伝えられています。

そして次は、夫・阿麻和利が王である父をも狙っていることを知り、首里城へと逃げ帰ります。その際、付き人として一緒に勝連城へ移った大城賢雄(うふぐすくけんゆう)が、阿麻和利が攻めてくる事を事前に知らせていました、そして、今度は父と夫の戦いが始まり、戦いは父が勝利し、夫一族は滅亡しました。その戦いで王府軍を率いた大城賢雄は勝連城主となり、百度踏揚は大城賢雄と2度目の政略結婚をすることになります。大城賢勇は、鬼大城(うにうふぐしく)とも呼ばれていたそうで、体も大きく、武術に優れた人物だったようです。

首里城跡 首里城跡 「首里城跡(1階御座床)」 写真提供:首里城公園

しかし、わずかその2年後、尚泰久は亡くなり、次に即位した尚徳は若くして亡くなってしまい、家臣であった金丸(かなまる)によるクーデターが起こり、これをきっかけに第一尚氏の王朝は崩壊、大城賢雄もこの激流の中で無念の最期を遂げます。 戦いに勝利した金丸は、自らを尚円(しょうえん)と名乗り、第二尚氏の時代が始まります。

政権争いの激流の中、祖父と夫2人を失った百度踏揚は、その後玉城に逃れ、弟の三津葉多武喜(みつばたぶき)と供に余生を過ごし、今もその地に静かに眠っています。

音声ガイドでは、百度踏揚が暮らした勝連城跡や、護佐丸の居た中城城跡の他にも世界遺産に登録されている首里城跡や座間味城跡などをご紹介しています。ぜひ、アプリとブックをダウンロードしてお試し下さい。

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU