琉球王国のグスク及び関連遺産群 琉球王国のグスク及び関連遺産群について 琉球王国のグスク及び関連遺産群 琉球王国のグスク及び関連遺産群について
写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

琉球王国のグスク及び関連遺産群 - 琉球王国のグスク及び関連遺産群について -

グスク(城)とは、琉球の歴史を色濃く残す遺産

グスク(城)とは、琉球の歴史を色濃く残す遺産 グスク(城)とは、琉球の歴史を色濃く残す遺産 写真提供:那覇市文化財課

沖縄県が誇る世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」。
グスクとは琉球で「城」にあたる言葉で、実際に世界遺産にも「首里城跡」や「今帰仁城跡」と登録されています。
しかし、これは一般的にイメージされる“お城”とはかなり様子が異なります。この地にはかつて、「琉球王国」という独自国家が存在していました。1429年から1879年の450年間にわたって栄えた琉球では、日本はもちろん、中国、朝鮮、東南アジア諸国と、外国との交易を経済的な基盤とし、国際色豊かな独自の文化が形成。
そして、この地の歴史を色濃く残す遺産がグスクというわけです。

権力争いを繰り広げていた各地の豪族たちが独自のグスクを築く

権力争いを繰り広げていた各地の豪族たちが独自のグスクを築く 権力争いを繰り広げていた各地の豪族たちが独自のグスクを築く写真提供:首里城公園

12世紀になると、琉球は狩猟採集が中心だった長い貝塚時代が終わり、農耕社会が形成され始めます。各地には「アジ」と呼ばれる指導者が誕生し、勢力拡大をめぐる権力争いが勃発しました。
こうした豪族たちが、勢力の維持と拡大を目指す戦いの拠点として築いたのがグスクであり、琉球のこの期間を「グスク時代」と呼びます。争いが繰り返されるうち、沖縄本土を軸としていくつかの大きな勢力が形成されていきました。各豪族が築いたグスクはそれぞれ独自の特徴を有しており、信仰の対象になっているグスクもあれば、城塞のように堅牢なグスクもあり、また時代によって果たした機能も様々でした。
このように、諸外国との交流の中で独自に形成され、日本では類を見ない特異性を持つ事例群であることや、農村基盤の豪族が築いた考古学的にも非常に大切な事例群であることなどが評価され、2000年に世界遺産として登録されました。

世界遺産登録概要

遺産名:琉球王国のグスク及び関連遺産群
所在地:沖縄県
登録日:2000年
登録基準:(2)(3)(6)-文化遺産
登録遺産の範囲:今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽

登録遺産の面積:55ヘクタール
緩衝地帯の面積:560ヘクタール

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
「琉球王国のグスク及び関連遺産群」詳細ページ
http://www.unesco.or.jp/isan/list/asia/ryukyu/

UNESCO World Heritage Centre
"Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu"
http://whc.unesco.org/en/list/972

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU