白川郷・五箇山の合掌造り集落 白川郷・五箇山の合掌造り集落について 白川郷・五箇山の合掌造り集落 白川郷・五箇山の合掌造り集落について

白川郷・五箇山の合掌造り集落 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落について -

人々の知恵と工夫がつまった、急勾配の茅葺き屋根

人々の知恵と工夫がつまった、急勾配の茅葺き屋根 人々の知恵と工夫がつまった、急勾配の茅葺き屋根

岐阜県と富山県にある「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、茅葺きの急勾配の屋根が特徴的な木造家屋が点在する集落のこと。

1995年、「人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例」などの基準を満たすものとして世界文化遺産に登録されました。山間の豪雪地帯である白川郷では、昔から稲作の代わりに養蚕業が人々の生活を支えてきました。

屋根裏に風通しの良い空間が確保でき、また雪下ろしの負担も軽減できる急勾配の屋根は、人々の知恵と工夫がつまった“暮らしの産物”といえます。

自然の奇跡と住民たちの努力が「世界遺産」へと結実

自然の奇跡と住民たちの努力が「世界遺産」へと結実自然の奇跡と住民たちの努力が「世界遺産」へと結実

この屋根を支える仕組みが「合掌造り」です。屋根が「人」の字のように支え合い、両手を合わせたような形になっていることからそう呼ばれるようになったとか。

ただし、屋根を維持するためには30〜40年に一度の葺き替えが必要です。これは人口が減りゆく集落にとって大きな負担となりました。また、戦後の経済成長や生活の近代化によって養蚕業も衰退。その結果、合掌造りの家屋は減少の一途をたどりました。しかし、この家屋と景観の保存を目的に地元の人々が立ち上がりました。市民憲章まで打ち立てたその努力は、1976年の「重要伝統的建造物保存」認定を経て、今日の世界遺産へと結実します。

合掌集落独自の文化が形成されたのは、この地が日本有数の豪雪地帯であり、周辺地域から切り離された集落だったことが一因とされています。白川郷・五箇山は、そんな偶然の環境と人々の努力が生み出した“奇跡の景観”なのかもしれません。

世界遺産登録概要

遺産名:白川郷・五箇山の合掌造り集落
所在地:岐阜県、富山県
登録日:1995年
登録基準:(4)(5)-文化遺産
登録遺産の範囲:白川村萩町、平村相倉、上平村菅沼

登録遺産の面積:68ヘクタール
緩衝地帯の面積:58,873ヘクタール

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
「白川郷・五箇山の合掌造り集落」詳細ページ
http://www.unesco.or.jp/isan/list/asia/shirakawago/

UNESCO World Heritage Centre
"Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama"
http://whc.unesco.org/en/list/734

世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU