富岡製糸場と絹産業遺産群 富岡製糸場と絹産業遺産群について富岡製糸場と絹産業遺産群 富岡製糸場と絹産業遺産群について
写真提供:富岡市・富岡製糸場

富岡製糸場と絹産業遺産群 - 富岡製糸場と絹産業遺産群について -

世界規模の隆盛を誇った絹産業を今に伝える遺産群

世界規模の隆盛を誇った絹産業を今に伝える遺産群世界規模の隆盛を誇った絹産業を今に伝える遺産群写真提供:富岡市・富岡製糸場

群馬県が誇る世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」。

これは4つの資産から構成されていて、日本初の大規模な器械製糸工場として誕生した富岡製糸場、換気を重視した蚕の飼育法「清涼育」を完成させた近代養蚕農家・田島弥平の旧宅、通風と温湿度管理を調和させた養蚕法「清温育」を確立させた高山社の跡地、自然の冷気を利用して蚕の卵(蚕種)を貯蔵した荒船風穴があります。

世界規模で隆盛を誇った絹産業を支えた遺産が当時のままの状態で保存されていることが評価され、2014年に世界遺産として登録されました。

日本の近代化と国際化を支えた富岡製糸場

日本の近代化と国際化を支えた富岡製糸場日本の近代化と国際化を支えた富岡製糸場写真提供:富岡市・富岡製糸場

1872年に建設された富岡製糸場は、フランスの先端技術を導入し、生糸を大量生産することに成功しました。

元々この地では江戸時代から養蚕や製糸業が盛んに行われており、その土台に西洋の近代技術が加わり、群馬県では国内随一の絹産業が発展。その先進的な技術は国内各地に伝播していき、その結果、1920年代に日本は世界一の生糸輸出国となりました。

戦後は、生糸生産のオートメーション化にも成功。当時欧米でシルク(絹)といえばごく一部の富裕層しか着用できない贅沢品でしたが、安価で良質な生糸を輸出した富岡製糸場は絹をより身近な存在に変えていきました。

原料からすべて国内で生産できる生糸の輸出は、当時の日本において外貨獲得の最大の手段でした。日本に産業革命をもたらしただけでなく、この国を国際社会の一員に押し上げたことも、富岡製糸場が果たした重要な役割のひとつなのです。

世界遺産登録概要

遺産名:富岡製糸場と絹産業遺産群
所在地:群馬県
登録日:2014年
登録基準:(2)(4)-文化遺産
登録遺産の範囲: 富岡製糸場、田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴

登録遺産の面積: 7.20 ヘクタール
緩衝地帯の面積: 415 ヘクタール

UNESCO World Heritage Centre
"Tomioka Silk Mill and Related Sites"
http://whc.unesco.org/en/list/1449

※音声ガイドでは富岡製糸場、田島弥平旧宅、荒船風穴をご案内しております。
世界遺産巡りのパートナーに!
SkyDesk Media Trek
世界遺産音声ガイド
アプリをダウンロード
して試してみよう!

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

アプリをダウンロードして試してみよう!
  

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

MENU